2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

ダ・ヴィンチ・コード

世界的ベストセラーの映画化だが、原作は読んでない。キリスト教と文化の違う日本人には、その歴史などいろいろ説明はあるが、難解だ。しかし まあ謎解きミステリーと思って見ていれば、アナグラムなどの暗号や名画の背景やら楽しめる。

 教会で問題視され かえって見に行くひとが増えている。私もその1人。しかし そんなにめくじら立てるほどのものでもないと思う?。興味のある人は見て良し。評価③

ナイロビの蜂

今年のアカデミー賞助演女優賞のレイチェル・ワイズを見に行く。話もナイロビが舞台でミステリーである。しかし 彼女扮する若妻がすぐ殺されてしまう。・・・そして 夫の外交官がその死の真相を探るという話。活動好きな彼女は回想のなかでたびたび登場する。

「ナイロビの蜂」という題名は 原題(The Constant Girdener)ではない。評価③

アンジェラ

仏のR・ベッソン監督、スーパーモデルリー・ラムムッセンがヒロインというので 見に行きました。人生に疲れた体裁の悪い男の前に現れる背の高く腕力が強い美女という設定。・・・それでどうなるのか、興味はそそられ最後まで見てしまうモノクロ映画。

まあ 現代の寓話のようなもの。ヒロインの強さとボディが見ものかな。アンジェラとは天使。・・・カラーで見れば もっと綺麗だったかも。評価③

Ⅴフォー・ヴェンデッタ

第3次世界戦争終了後 国の治安を一手に握っている独裁者がいた。(発想は平凡だが) それで その政治に国民は不満をつのらせていた。・・・そこへ 「Ⅴ」と名乗る仮面の男が現れ 体制を破壊しようとする。 そして ナタリー・ポートマン扮する女もからみあい・・・独裁者は二人を捕らえようとするが・・・最後は この国がどうなるのか Ⅴとは何者かその素顔は?見てみたいと思う映画です。 

 ナタリー・ポートマンがもっと活躍するのか期待したが 捕らえれて坊主頭になっただけで 美貌が生かされていない。それに題名がまずい?評価③

2006年5月 8日 (月)

私の映画ベスト5

洋画を 5つ選びました。ーーーコメントもつけました。

①第三の男ーーー影とツィター

②ローマの休日ーーー名所とラストの王女の言葉

③風と共に去りぬーーーヒロインの生き様とテーマ音楽

④カサブランカーーーAs time goes by とラストの分かれ方

⑤シェーンーーー少年と早撃ち男

ついでに 邦画も選んじゃえ。

①七人の侍ーーー戦う侍の選び方 と 戦い方

②飢餓海峡ーーー哀れな女性と刑事の執念

③二十四の瞳ーーー女先生と12人の子供たち

④砂の器ーーー主人公の生い立ちとピアノコンチェルト

⑤生きるーーー主人公がブランコで歌う唄と役人気質

そして質問ーーー私の好きなActressは誰でしょう?選んだ映画に出演しています。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »