2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 麒麟の翼 | トップページ | 友達のHP・かざぐるまと花の部屋の縮小 »

2012年1月30日 (月)

ALWAYS 三丁目の夕日’64

①シリーズ第3作。待ってました。3Dもあったが2Dで見た。②昭和39年(1964)、東京オリンピックでテレビが普及する頃。夕日町三丁目の住人は元気に出てきました。③鈴木オートの堤真一と薬師丸ひろ子の夫婦、六ちゃんもヴェテラン修理工になり弟子もいる。小説家茶川竜之介(吉岡秀隆)は小雪と所帯を持ち赤ちゃんも間もなく生まれる予定。淳之介は東大受験の勉強中。④今回の話題は、六ちゃんが素敵な恋をすること、茶川が有力な書き手のため連載を止められること、など。その有力な新人作家に注目。⑤当時の世相の中、彼らが生き生きとしていて笑いあり涙あり楽しい映画です。評価⑤

 

« 麒麟の翼 | トップページ | 友達のHP・かざぐるまと花の部屋の縮小 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114966/53862710

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 三丁目の夕日’64:

« 麒麟の翼 | トップページ | 友達のHP・かざぐるまと花の部屋の縮小 »