2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月30日 (月)

ALWAYS 三丁目の夕日’64

①シリーズ第3作。待ってました。3Dもあったが2Dで見た。②昭和39年(1964)、東京オリンピックでテレビが普及する頃。夕日町三丁目の住人は元気に出てきました。③鈴木オートの堤真一と薬師丸ひろ子の夫婦、六ちゃんもヴェテラン修理工になり弟子もいる。小説家茶川竜之介(吉岡秀隆)は小雪と所帯を持ち赤ちゃんも間もなく生まれる予定。淳之介は東大受験の勉強中。④今回の話題は、六ちゃんが素敵な恋をすること、茶川が有力な書き手のため連載を止められること、など。その有力な新人作家に注目。⑤当時の世相の中、彼らが生き生きとしていて笑いあり涙あり楽しい映画です。評価⑤

 

麒麟の翼

①原作は、東野圭吾の小説「加賀恭一郎シリーズ・新参者」。加賀刑事には阿部寛。②腹を刺されたまま8分間歩き、日本橋の麒麟像の前で息絶えた男、青柳武明(中井貴一)。ある会社の部長。これが発端。一方、近くで青柳のカバンを持った男が見つかるが、逃げて車に撥ねられ意識不明の重体になり、容疑者になるが、その後死亡する。③加賀は被害者の行動に疑問を抱き捜査にあたる。他方、被害者の会社に容疑者が非正規として働きクビになっていたことが判明。一挙解決と思われるが・・・? 加賀刑事の捜査により、被害者、容疑者の知られざる一面が次第に明らかになっていく。④事件の裏に、労災、いじめ、家族や恋人の愛と絆が描かれる。⑤麒麟の翼の意味は・・・謎が次々解き明かされる過程が面白い。評価④

2012年1月 3日 (火)

新年

あけましておめでとうございます。

今年から こちらで「ひとりごと」を始めます。よろしく。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »